🌕2021″暮らしの歳時記 十五夜” 次大夫堀公園民家園 さんぽ

“暮らしの歳時記 十五夜” 次大夫堀公園民家園

秋めいてきた世田谷区立 次大夫堀公園民家園では”暮らし歳時記 十五夜”の再現展示中です。

展示期間は9月11日(土)から20日(月・祝)まで。

今年の🌕十五夜・中秋の名月は9月21日(火)です。満月もこの日。きれいなお月様が顔を出してくれるといいですね。

(*お団子は18日(土)には新しい真っ白なお団子がお供えされるとのこと。)

縁側に🌕”十五夜のお供え”が展示がされています。現在はコロナ禍のため、どの建物も上がることは出来ません。”土間のみ入れる”などいくつかの制約が掲示されています。

旧安藤家住宅主屋(区指定文化財第32号)は江戸時代後期に建てられ明治中期の姿に復元されたものです。横に長く、茅葺き屋根の美しさが際立っています。

萩も可愛い花をつけていました。

旧加藤家住宅主屋(区指定文化財第11号)は江戸時代後期に見られる農家の間取り。

縁側に、こちらはお団子ではなく”おはぎのお供え”でした。

金木犀も満開でした。

光るようなススキ越しの旧城田家住宅主屋(区指定文化財第2号)は農業のほかに商いも営む、半農半商の家。

縁側の”十五夜のお供え”の横には、蚊取り線香がたかれていて一休みさせてもらいました。

縁側で素敵な秋の虫たちが遊んでいました。稲かススキで作ったのでしょうか。

田んぼの方にまわると、一面に稲穂が実っていてとてもきれいです。

小川のせせらぎの音をゆっくり聞いて、民家園を後にしました。

*世田谷区立・ 次大夫堀公園民家園:世田谷区喜多見5-27-14 Tel03-3417-8492

*開園時間:9:30〜16:30

*行き方:小田急線成城学園駅から徒歩15分 東急バス・小田急バス:次大夫堀公園前下車 徒歩2分

 

 

 

 

 

コメントを残す